いい感じに生きてゆく

書評や映画、恋愛戦略論まで幅広く対応します

【最強の海外ドラマ】人生で最もハマった「ペーパーハウス」〜 あらすじと考察 〜

ペーパーハウス


久々に睡眠を犠牲にしてまでハマってしまうドラマと出会ってしまった。

私は生まれてきてから映画はかなりの数を見てきたのではあるが、海外ドラマに関しては去年観始めたばかりなため、そこまで経験値があるわけではない。

それでもこの1年半ほどで12タイトル、35シーズンほど観てきた。

そんな自分でもはっきり言ってこれを見るために1ヶ月だけNetflixに加入しても全然おつりが来るレベルと断言できるほどの作品に出会った。

それがこのペーパーハウス。文句なしの☆5だ。(☆5満点)

英題はMoney Heist。原題はLa casa de papel。

原作はスペインのものなので原題をそのままカタカナにしたんだろうけど、邦題はまあセンスない。

英題の「銀行強盗」も中々センスないんだけど。

自分は主人公が天才で頭使って相手をやり込める系のドラマとかマンガが好きなのだがまさにドンピシャでそんな感じのドラマだった。

プリズンブレイクとかデスノートとか。そういうのが好きな人は楽しめるはず。


目次

【超要約】

スペインの造幣局を狙ったクセの強い強盗達が教授と呼ばれる天才的なリーダーの計画と指示の元、前代未聞の大強盗事件を行う中で警察との戦いや人質とのやりとり、メンバー同士やありえない関係の恋愛を描くアクション&ロマンスドラマのようなもの。


あらすじ

教授と呼ばれる男が数年かけて作り上げた緻密な強盗計画。それを実行するために彼は犯罪歴のある男女8名を集め、この計画を実行するために必要な知識を5ヶ月間授業形式で叩き込む。

メンバーは5ヶ月も!?正気か?と言いましたが、彼の返答がこうだった。

"いいか、何年もかけて学校で学び、給料を稼ぐというのがごく普通のつまらない生き方だ。

5ヶ月がなんだ。計画を練るにはもっとかかった。

成功すれば一生安泰。君たちも子供達もだ。"


メンバーは全員本名を伏せ、教授以外トーキョーやベルリンなど世界の都市名で呼ばれる。

強盗のルールはいくつかあるがその中でも一番重要なのが誰も傷つけず、何も盗まないこと。

ではどのように強盗するのかというと銀行がやっているように大量に印刷することでお金を作り出す。(もはや強盗なのか)


資本主義への反発(考察)

ペーパーハウスの重要なシーンで度々使われている曲であるBella Ciao(さらば恋人よ)

自分はシーズン全てみた後この曲に完全にハマってしまい、速攻でSpotifyのFavoriteプレイリストに入れ、眠る前には脳内でBell ciao♪ Bella ciao♪がエンドレスリピートしてしまい、眠れない日々を送っている。


Bella Ciao - ORIGINALE

この歌を調べたところこんなことが書いてあった。

「さらば恋人よ」は、1943年から1945年まで続いた、反ファシスト党運動において歌われた[1]。作詞者・作曲者は共にわかっておらず、この楽曲はポー川の流域周辺にいた農民たちの間で、20世紀前半にかけて歌われていた「Alla mattina appena alzata」という名の民謡に基づいてできたものである[2]

国際的に知られた自由への賛歌として、この楽曲は、歴史的及び革命的なイベントにて歌われた。またこの楽曲は、元々はドイツ(ナチス)の占領軍と戦っていたイタリアのパルチザンらと、強く結びついていたが、今日では、圧政から解放されるという固有の権利を象徴している[7][8]

参照:  さらば恋人よ - Wikipedia

 
ファシスト党とはファシズムを主義とする人たちのことでムッソリーニのような独裁的な権力、反抗の弾圧と産業と商取引の制御のような類似の思想・運動・体制のことで、ヒトラーナチスと同じようなものである。

 

現代のムッソリーニ現代社会)に立ち向かうペーパーハウスの主人公達(パルチザン)にぴったりの曲だったのであろう。

passione-roma.com



そのほかにもメンバーが着ている赤いつなぎだが、赤は革命や社会主義を示す色であり、この部分からも資本主義、現体制への反発を示唆していると言える。

本来はフランス王国において戒厳令が発動されていることを示す旗だったが、1791年フランス革命において革命派の内部で急進派[1]ラファイエットが軍隊を率いて弾圧したシャン・ド・マルスの虐殺事件を契機に、これに対する抗議として戒厳令旗である赤旗を革命旗に採用したとされる。

この後も赤旗は革命を象徴する旗とされ、フランス革命
階級闘争の側面を引き継ぐことを自称する社会主義共産主義団体、特に社会主義国家が団体旗や国旗に採用している。また、労働組合においても、資本家と労働者の階級闘争のシンボルとして赤旗が採用される。さらに国際主義から肌の色を問わない全人類のを象徴するともされた。

参照:赤旗 - wikipedia


なぜ誰も傷つけず、お金も盗まず、銀行と同じようにお金を印刷して作り出すという面倒な計画を実行したかというと、この革命を起こすために民衆を味方につけることだったからだと言える。

たったっかう!ものの!歌が聞こえるか!?だ。

実際に教授は真の目的は民衆を味方につけることだったと言っていて、シーズン3より始まる新たな計画につなげている。 

*注意: この下の一文はネタバレなのでみたくない人は次の見出しへどうぞ

シーズン2最後のラケルを説得するシーンでもこう言っていた。

ここが個人的に一番心に残っているシーン。

"物事には善と悪しかないと?

今回の作戦だが過去にも同じことがあった。

欧州中央銀行は唐突に大量のお金を印刷する。今回の私たちと同じように。より大規模にだ。

その金どこに行くと思う?

銀行だ。造幣局から直接...富豪の懐に収まる。

だが、欧州中央銀行は泥棒か?

彼らは「流動性の注入」と言ってなんの前触れもなくこの政策を行う。なんの前触れもなくな。

これはなんだ?(金を取り出して)紙だ。金なんて紙にすぎない。

私も流動性の注入を行った。銀行のためじゃない。本物の経済はここにある。

この作戦の負け犬達が担い手だ。全てから逃走する。

君も一緒に逃げないか?"

 

現体制(銀行)を負け犬(教授たち)がひっくり返す。

 

現代の民主主義、資本主義は様々な不安や問題を抱えて、限界を迎えていると言われてる。

実際に新たな体制として契約民主主義というものも提起されている。
(これについてはもっとじっくり調べてみたい)


魅力的なメンバーとキャストの紹介

教授

天才的な計画を練り上げる人物でありながら、不測の事態に際しては身体を張って自ら問題を解決しに行く最高のリーダー。

浮浪者に扮して危機を脱するシーンには驚いた。

起業家は見習うべきところがあるかもしれない。

 

tokyo-moneyheist

Tokyo

日本の首都。

綺麗でセクシーなパリピ。だけど非常に短気で頭が悪く、チームに迷惑をかけることが多い。

しかし、ピンチの時には勇敢に前線に立って大活躍する。女だがメンバーで一番戦闘力的高い説。

 

ベルリン- ペーパーハウス

Berlin

ドイツの首都。ドイツっぽくエレガントな性格。

教授は全体の計画の指揮をとり外から指示を出し、Berlinは現場で指揮をとる強盗メンバーのリーダー。サイコパス

人質を統制するのがうまく、ピンチの時は身体を投げ出して作戦の成功のために命を捧げる。

個人的に一番好き。ホーム画面Berlinにした。

 

リオ-ペーパーハウス

Rio

 ブラジルの州都。リオデジャネイロ

Tokyoの恋人であり、彼女と同じく短気で頭が悪い。天才ハッカーのくせにどうしてこうなった。6歳からコード書いてるらしい。

 

Denver

アメリコロラド州の州都。

TokyoやRioと同じくパリピだが、めっちゃいいやつ。モスクワの息子。

本編では人質のモニカ(ストックホルム)と交際することになるが、リアルでは俳優のJaime LorenteさんはプライベートではAlison Parker役のMaría Pedrazaと交際している。

DenverとAlison Parker

Allison Parkerかわいいね。


モスクワ-ペーパーハウス

Moscow

ロシアの首都。

Denverの父。めっちゃいい父親。優しくて勇敢だけど、Tokyoのせいで死ぬ。

 

ナイロビ- ペーパーハウス

Nairobi

ケニアの首都。

シングルマザーで息子を想うめっちゃ良い母親。

息子のためドラッグを売って生計を立てるもその息子が取り上げられ、計画に参加。

Berlinと同じく統制能力があり、一度はBerlinからリーダーの座を奪うも、彼のように鋼のメンタルを持ち合わせておらず、すぐにまた譲る。

 

ヘルシンキ- ペーパーハウス

Helsinki

フィンランドの首都。

用心棒枠。頭弱いけどBerlinと教授に従順で計画のためにしっかり働く。

存在がかわいい。

 

オスロ- ペーパーハウス

Oslo

ノルウェーの首都。

Helsinkiと双子。

一番影が薄い。


まとめ

まじで死ぬほど面白いです。観始めてしまったら最後、観終わるまで眠れなくなる日々を覚悟してください。

シーズン4が4月から放送決定したのですが、シーズン3が続きが気になりすぎるところで終わったので気になってモヤモヤしたい気持ちにならないためにもこれから見る方はシーズン2で止めておくことをおすすめします。


おしまい




個人的な感想(メモ)

スペイン語 

来年再履修でスペイン語の授業を取らなきゃいけないのだけれど、ちょうど一個だけ単位を落としていて来年また授業を受ける権利を得た。

自分は英語の字幕に英語の吹き替えで観ていたので、原作のままみたい欲が異常に高まる。

しっかりスペイン語勉強して、もう一周スペイン語のまま観る。


夢ができた

スペイン行って、マドリード行って、ロイヤルミントの前で赤い服上下に着て、あのマスク被って写真撮るのがバケットリストに加わった。

ついでにレアルの試合も見に行きたい。


海外逃亡したい

彼女と海外逃亡して教授とラケルのようにのんびり暮らしたい。